ホーム > 企業団について > 事業運営・計画について > 水道事業総合計画 > 第3次水道事業総合計画(おらほの水ビジョン2009)

第3次水道事業総合計画(おらほの水ビジョン2009)

 八戸圏域水道企業団は、昭和62年に第1期拡張事業を開始、世増ダムの建設や送水管の施設整備を図ってきました。そして平成10年に「第2次水道事業総合計画」(ふれっしゅ21世紀プラン)を策定し、事業を進めてまいりましたが、水需要の減少、技術の継承問題など、社会情勢の変化やお客さまニーズの多様化など、水道を取り巻く環境は大きく変化しています。
 このような状況のもと、将来にわたって安全で安心できる水道水を安定供給し、なおかつ健全な水道事業の経営を実現させるため、長期的な視点を持った「八戸圏域水道企業団第3次水道事業総合計画」(おらほの水ビジョン2009)を新たに策定しました。
 本計画は、ふれっしゅ21世紀プランで進められてきた事業を検証し、新たに平成21年度から平成30年度までの10年間を長期的な視点に立って策定したもので、次の4つを基本的視点としました。

Ⅰ.安全でおいしい水道水の供給

①水源水質の監視強化と浄水処理の安定化

  • 水源水質の監視
  • 浄水処理の安定化

②水質管理体制を強化

  • 水安全計画の策定

③快適な給水

  • 残留塩素の低減化

Ⅱ.さらなるライフラインの強化

①耐震管の整備

  • 導・送・配水管の計画的な更新

②施設の耐震化

  • 施設の耐震診断
  • 配水池やポンプ場の耐震補強

③水運用機能の強化

  • 管網整備によるバックアップ機能強化
  • 配水池増設による安定供給

④危機管理の強化

  • 施設の安全管理対策
  • 災害対策マニュアルの整備拡充

Ⅲ.持続性の高い水道事業運営

①安定した財政運営

  • 運営基盤の強化と料金体系の見直し

②組織と人材の強化

  • 定員管理の適正化
  • 職員の意識改革

③経営情報の適正管理

  • 総合電算化事業の推進

④周辺事業体との連携

  • 災害時広域的協力体制の強化

⑤開かれた水道

  • 各種委員会制度の継続

Ⅳ.環境にやさしい水道の推進

①蟹沢水道水源地域涵養林保全事業の継続
②省エネルギーの推進

  • 電気使用量の低減化
  • 燃料消費の節減

③再生可能エネルギーの導入

  • 小水力発電
  • 太陽光発電の導入

④廃棄物のリサイクル

  • 建築副産物の再資源策
  • 浄水汚泥のリサイクル


第3次水道事業総合計画

お問い合わせ先 経営企画課総合政策グループ 0178-70-7030

 

関連情報