業務指標(PI)

 企業団では、「水道事業ガイドライン(JWWAQ100:2016)」に示されている119項目の業務指標(PI:Performance Indicator)を算出し、公表しています。


平成30年度業務指標


「水道事業ガイドライン」とは

 水道事業ガイドラインは、水道事業の定量化によるサービス水準の向上のために、2005年1月に(公社)日本水道協会によって規格が制定されたものです。
 その後、新水道ビジョンの策定、東日本大震災の影響、水質基準などの法令の改正といった、水道を取り巻く環境が大きく変化していることから、2016年3月に改正されました。

『業務指標』について

 「2005年版水道事業ガイドライン」のPIの構成は、安心・安定・持続・環境・管理・国際の6項目による分類としていましたが、「2016年度版水道事業ガイドライン」では、安全で良質な水、安定した水の供給、健全な事業経営の3項目に分類されました。
 また、類似水道事業体の業務指標を参考として活用する場合に必要な情報として、主要背景情報(CI:Context Information)を合わせて公表しています。

「水道事業ガイドライン」『業務指標』の活用

 企業団では、水道事業ガイドラインを次のように活用します。

  • 水道事業の現状を把握し、今後の対応策や将来目標の設定に役立てます。
  • 事業の客観的な自己評価の参考とし、水道サービスの向上へと役立てます。
お問い合わせ先 経営企画課総合政策グループ 0178-70-7030

 

関連情報